イカット

18000余りの島々からなるインドネシアには、200以上の異なった言語を話す民族が住んでおり、それぞれの地域性、独自性によるイカット布が受け継がれてきました。 それぞれの民族にとってこの布は衣類としては勿論の事、冠婚葬祭時の儀礼用としても、大きな役割を果たしてきました。豪華な布を所有することは社会的地位をあらわし、先祖代々受け継がれ、家宝として大切に保管されてきました。 現在、機械生産されたものは、多く出回っておりますが、ここにご紹介させていただくものはすべて手作業で作られたイカットです。綿を紡ぎ、紡いだ糸を機にかけ、糸をすこしずつ括り天然染料で染め、それを乾かした後、括った糸を解くという作業を何度も繰り返し最後に織り上げて模様を描き出します。長い工程を経て織られるイカットは数年かかってやっと一枚を織り上げることができる貴重なものです。

今や、手に入りにくい本物イカット
お部屋でのイカットの使用例

壁に掛けたり、棚上などのクロスやテーブルクロス、ベッドカバーなどに使って頂けます。
木の棒やイカットハンガーなど使って壁に吊るすと雰囲気のあるお部屋になります。

スンバ

スンバ島のイカット

スンバ島はインドネシアの東南部に位置しています。島の乾燥した大草原は綿の栽培に適しているため染織には理想的な地域とされてきたのも頷けます。スンバ島のイカットは強烈な個性を持ち他地域のそれと明らかに違います。丁寧に染められ織られたイカットは婚礼、葬式など人生の重要且つ神聖な儀式に用いられる大変貴重なものとして扱われています。モチーフは権力の象徴である鰐、象そして馬、牛、猿、海老、鳥、蠍、蛇、蝶、鹿、亀、魚、生命の木など其々に意味をもって織り込まれています。また戦いの勝利を示す首架台、そして外国との通商を通して入ってきたパトラ模様や幾何学模様などもあります。スンバ島のイカット一覧

 
ティモール島

ティモール島のイカット

ティモール島のイカットはカラフルな縞で装飾されたものが多いのですが、色彩、技法、モチーフ、デザインが多種多様で説明することがむずかしいです。鶏,樫の葉、ブドウの房などポルトガルの影響を多くうけているモチーフもあります。また隔離された村などで織られた布などには独特なモチーフがあり、興味をそそられます。補助縦糸で表わされる明るい色調は輸入品を容易に手にいれることができる海岸部の特徴でもあるようです。ティモール島のイカット一覧

 
フローレス島

フローレス島のイカット

この島のイカットの色調は赤茶色と濃紺色で、モチーフは通常小さい幾何学文様がアレンジされています。ほの暗い、控えめです。その中でも各地方ごとに小さい象や馬などが反復してならんでいたりします。和家具などとも相性の良い、品のあるイカットです。
フローレス島のイカット一覧

 
レンバタ島

レンバタ島、キサール島、タニンバル諸島のイカット

これらの島のイカットは入手困難なイカットです。 ソロール諸島に位置するレンバタ島は 農作物の収穫が難しく 鯨を捕獲したり イカットを織って生活の糧としています。茶系を中心としたシックな色合いが特徴でここにご紹介しておりますイカットは 全て手紡ぎ糸で織られております。葉、根などを使った植物染料で染色し、原始的な腰機で織り 素朴な作業を何度もくりかえし、数年かかって織り上げた布です。モチーフは鯨、魚、鳥、花などをイラスト化した連続模様が描かれ しっとりした品の良いイカットです。 キサール島、タニンバル諸島のイカットも大変めずらしい布です。
レンバタ島のイカット一覧

 
サウ島

サウ島、ライジュア島、ロティ島のイカット

これらの島々はスンバ島に近い所に点在しています。乾期が長い気候で農作物がとれない土地で 織られているこれらの島のイカットはスンバ島のイカットとは全く趣きの違う地味なイカットです。藍色に白のモチーフが描かれ 部分的にサンゴ色が織り込まれる素朴な布です。 デザインは帯状の中に花や鳥などが描かれ 帯のラインの本数によって着用の用途が違っているのも興味深いものです。手紡ぎの糸を使い、草木の天然染料で染色し、長時間かかって織り上げるイカットは現在大変貴重で入手し難い布です。
サウ島、ライジュア島、ロティ島のイカット一覧

 
スマトラ島

スマトラ島のイカット

スマトラ島は大陸に最も接近している島という地理的条件から 貿易の重要拠点となり外地から文明、文化の受け入れ地になっていました。そのため 高度な文化が形成されて 多種多様な染織が現存しており その布のモチーフを見ますと インド、インドシナ半島の布との関連性がみてとれます。スマトラ島の布は其々の部族が明らかに違う技法により 各々特異な染織が存在して おり 大変興味深いものがあります
スマトラ島のイカット一覧

 
スラウェシ島

スラウェシ島のイカット

スラウェシ島内陸の山岳地帯に住む人々を一般的に トラジャ人と呼ばれ 特異な文化をもっています。ここにご紹介する織物はその南部地域の人々によって製作された布です。すばらしい織り手によって織られているイカットは(経絣)は 白、赤、黒、青の4色の基本色で染色されています。植物、人物、水牛など動物を幾何学化されたモチーフが大変ユニークで興味深いイカットです。家の装飾として、また儀式の際に使用されたり 結婚の際の贈物や男性の腰帯としても使われます。天蓋布、壁布に魔除けの目的としても使用されます。
スラウェシ島のイカット一覧

 

インドネシアの伝統的手織り布

インドネシアの伝統的手織り布であるイカットはインドネシア語でikat(縛る、括る)から由来した絣布のことを指します。経糸を括り染色した後(括られた部分には色が入りません) 織りモチーフを描き出す経絣、緯糸を括り染色した後、織り上げ文様を描き出す緯絣、経糸と緯糸それぞれを括り染色した後 織り上げて 文様を描き出す 非常に高度な技術を必要とするダブルイカットがあります。それぞれの島、民族が持つ信仰や思想などにより特徴のある文様や手織り布があります。14,000以上の島を持つインドネシアはイカットの宝庫です。

手織り風景とJITAコレクションの中島
手織り風景とJITAコレクションの中島
スンバ島
スンバ島:現地の人の家と手織り場
スンバ島
スンバ島:染色している所
 
スンバ島
スンバ島:染色した糸を干しています。
レンバダ島
レンバダ島:干している所。
フローレス島
フローレス島:手織りしている所。
 
フローレス島
フローレス島。
フローレス島
フローレス島:イカットを広場で広げている様子。
スンバ島
カリマンタン島:ダヤック族の手織り工場。